AGA 男性ホルモン 関係

髪の毛の悩みを早わかり!解決方法を伝授します♪

髪の毛の悩みって本当気になって仕方ありませんよね。私も悩んでいるんで色々な解決方法を調べてみたので気軽にチェックしてみてください♪

薄毛対策に!

マイナチュレ

AGAと男性ホルモンの関係性

目安時間 約 3分

AGAとは、男性型脱毛症のことであり、

成人男性に多くみられる薄毛の代表です。

 

中高年層だけではなく、

最近は薄毛の若年化が進んできているようです。

 

男性型脱毛症(=以下AGA)の原因には、男性ホルモンが

大きく関係していると考えられています。

 

AGAの脱毛部分には、高濃度の男性ホルモンが影響している

ジヒドロテストステロン(=以下DHT)は、別名「脱毛ホルモン」とも呼ばれるほど

AGAの最大の敵と言われています。

 

DHTは、「5αリダクターゼ」という還元要素が男性ホルモンのひとつ

「テストステロン」に働きかけることによって生成されます。

 

また、DHTは皮脂腺と結びつき、毛穴を皮脂で塞いでしまう作用もあり

毛根が清潔ではなくなってしまいます。

 

そうなると、髪の成長が不十分になってしまうため

ヘアサイクルも乱れ、抜け毛が多くなり、AGAになってしまいます。

 

髪の毛が油っぽいな、と感じる人は要注意です。

 

 

つまり、5αリダクターゼの分泌を阻害し、DHTの生成を抑制することで、

AGAを防げるかもしれません。

 

5αリダクターゼの抑制は、専門の治療薬をはじめ、フィナステリドなどが配合されている

育毛剤やサプリメント、スカルプケアシャンプー、身近な緑茶や果物なども有効のようです。

 

たとえ薄くなった場所があっても、産毛は残っており、毛根や毛包が存在している限り

髪の毛は復活して太く健康に育つ可能性がありますので、諦めず清潔な頭皮環境を心がけましょう。

 

 

AGAには専門の病院もありますので、一人で悩まず、相談するのも悩み解決の糸口かもしれませんね。

 

 

 

抜け毛対策は早めが吉♪
マイナチュレ
カテゴリー
最近の投稿
メタ情報