カラー パーマ ダメージ

髪の毛の悩みを早わかり!解決方法を伝授します♪

髪の毛の悩みって本当気になって仕方ありませんよね。私も悩んでいるんで色々な解決方法を調べてみたので気軽にチェックしてみてください♪

薄毛対策に!

マイナチュレ

カラーやパーマによるダメージ

目安時間 約 3分

女性はファッションや理想の外見に合わせて

髪を染めたり、パーマをかけることは当たり前の世の中です。

 

男性でも、それは当たり前になってきました。

 

しかし、頭皮や髪の毛に与える影響や

ダメージは大きいようです。

 

 

 

頻度や自分に合った美容室を選ぶようにしよう

 

カラーやパーマは薬剤を使って人工的に髪を加工するので、やり方によっては髪だけではなく

頭皮へもダメージが大きく、髪の毛が痛むのを始め、いろいろな影響が出てきます。

 

 

カラーリングにおいて、一般的に多いのが一番長持ちな永久染毛剤(ヘアカラー)です。

しかし、ヘアカラーは髪の表面のダメージが強く、枝毛や髪自体が細くなりやすいです。

 

もちろん、根元からカラーすると、地肌にも薬剤がついてしまいますので

繰り返すうちに、髪や頭皮のトラブルにつながる可能性もあります。

 

 

パーマの薬剤は、表面のキューティクルをはがして髪の内部まで浸透し、

パーマ液の働きかけによりウェーブを作ります。

そのため、髪の奥の内部にまで刺激を加え、ダメージを与えてしまいます。

 

たとえば、毛先や髪の毛中ごろまでのパーマなどでしたら、まだリスクやダメージは少ないでしょう。

おしゃれのために、ヘアカラーとパーマを同時にする方もいらっしゃいますが

髪へのダメージを考えると、間隔をあける方が同時よりもダメージが少なくてすみます。

 

特に、市販のカラーリング剤などは素人でもやりやすいように強い薬剤になっていますので

専門的なことはなるべく美容室でやってもらうようにしましょう。

 

 

髪質によって、ダメージは個人差があります。

アレルギー反応が出る方もいますので、毎回パッチテストを行いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

抜け毛対策は早めが吉♪
マイナチュレ
カテゴリー
最近の投稿
メタ情報